スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の気密値(C値)

C値とは、家の隙間を表す数値で、値が小さいほど良い数値です。

隙間が多いと、冷暖房の効率が悪くなります。
隙間が多いということは、暖房を入れていても、暖まりが悪かったり、すぐに冷えてしまうということです。
また、計画的な換気ができるので、室内のキレイな空気が保て、健康な環境をつくることが出来ます。

我が家は、セキスイハイムの鉄骨3階建てのデシオです。
我が家のC値は、2.0でした。
セキスイハイムの基準ギリギリの数字でした。
もう少し良い数字が出ると思っていたので、
基準ギリギリの結果に、正直、ちょっと残念な気持ちでした。

他のブロガーさんの記事では、もっと良い数字が出ていたと思ったけども?

ただ、鉄骨でここまで良い数字が出せる会社はないと思います。
大手ハウスメーカーでも、実際に測定する会社も少ないです。
測定しないと、気密処理に漏れがあったとしても、分からないですよね。
そもそもカタログとかでも、高気密とか表現してるだけで、実際に数値を載せている会社は少ないです。
たぶん、ここまでの数字を達成できていないので、載せていないのではないでしょうか。

我が家は、2.0ですが、次世代省エネ基準での愛知県の基準は、5.0なので、それに比べれば、断然良い数字です。

しかしC値の測定には、計画的に穴をあけた換気扇などは対象になりません。
測定時には、換気扇や洗面台の穴は密閉します。
なので、実生活では、この計画的にあけた穴のほうが隙間として大きいかもしれませんね。
それでも、同じ測定方法で、値が良いほうがいいに決まってますが。
実際には、気密を高めるために、どのような努力、工夫がされているのか?知ることが一番かもしれません。
C値がどうであれ、結果、快適に暮らせていれば問題ないということかな?

当然ながら、我が家の新居は快適です。満足、満足。


↓ポチっと押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ。
3回建てで鉄骨で、2.0は、すごいと思います♪♪
次世代省エネ住宅の基準なんてとても無理・・・と言う工務店も多い事を考えると
ハイムの2.0と言う基準は、厳しい基準なのかも。

住んでいる人が快適さを感じられる事が、何よりですね!

No title

こんにちは~!
同じくデシオで我が家はC値1.84でした。
数値は低い方がいいんですね~。
そういう説明は主人に任せていたので…(汗)
確かに数字よりも実生活が快適であれば満足ですよね^^

Re: No title

eriさん。こんにちは。
コメント有難うございます。
そう言ってもらえると、何だか安心できます。
C値は、大手ハウスメーカでも、具体的な数値で表現している会社は、ほとんどないので、それだけハイムは、厳しい基準を設けており、高品質であるということかな。
だから安心であり、それが快適につながっているのだと思いますね。

Re: No title

ずんさん。こんにちは。
コメント有難うございます。
同じデシオで、C値1.84ですか。
低い数値のほうが、隙間が少ないということです。
かなり良い数字ですね。
完全に負けている。くやしい~。
快適に暮らせているから、実際は問題ないんだけど...。
参加ランキング
プロフィール

clearup

Author:clearup
性別:男性
年齢:おおよそ40歳
家族:幼児2人と妻の4人家族

2010年9月、セキスイハイムで家を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
エコアクション
にほんブログ村ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。